メニュー

ABC健診

ABC健診とは、簡単に言えば、胃の健康度を知る検査です。ペプシノーゲン(PG)検査と胃潰瘍や十二指腸潰瘍の原因と考えられているヘリコバクター・ピロリ(ピロリ菌抗体価検査を組み合わせて行う検査です。この検査は採血のみの検査なので、短時間で終了します。このため胃は気になるけれど。バリウム検査や胃カメラはちょっと・・・・・・・という方にお勧めです。

ピロリ菌と胃の萎縮度をA~D群に判定

A群:内視鏡検査は5年に1回でいいでしょう。
            1年あたりの胃がん発生頻度はほぼゼロです。

B群:内視鏡検査は3年に1回は必要です。1年あたりの胃がん発生頻度は1000人に1人です。

C群:内視鏡検査は2年に1回は必要です。1年あたりの胃がん発生頻度は400人に1人です。

D群:内視鏡検査は1年に1回は必要です。1年あたりの胃がん発生頻度は80人に1人です。

  • 検査方法:少量の採血と簡単な問診票の記載のみ
  • 料金:4,400円(税別)
  • 以下の方は健診の対象外となります。

   【胃潰瘍等で治療中】【胃切除後】【腎不全】【ピロリ菌除菌後】

(注意)ABC健診の結果のみからの除菌治療はできません。除菌に関しては内視鏡検査で胃の粘膜を確認した上での治療となります。あくまでも内視鏡検査を少なくともどのくらいの頻度ですべきかの判断材料とお考えください。

icon_154431_64WEB予約はこちら

icon_154431_64予約後の詳細情報入力フォーム

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME