メニュー

お役立ち情報

こちらでは「お役立ち情報」について書かせていただきます。どうぞご参考になさってください。

乳腺外来と乳癌検診は異なります(2018.11.08更新)

乳腺外来とは・・・

乳房の明らかなしこり・腫れや赤みの伴う痛み・乳頭分泌物などがある場合・検診で要精査になった場合に対して、保険診療で診察を行います。(基本的に、乳がん検診を目的とするものではありません。)そして、診察を行った上で、その症状や状態により、必要に応じて検査を組みます。

乳癌検診とは・・・乳がんが心配、身内に乳がんにかかった人がいる・なんとなく痛みがあり心配・なんとなくしこりのように感じるものがあるので不安・しばらく乳がん検診を受けていない・他院で1年・半年後の検診を勧められたこのような場合は検診となります。《自費診療》

【注意】

1)  乳がん検診は他健診と同等の扱いになり、自費診療です。保険を使うことは出来ません。

2) 診療は所見をとり、必要に応じた検査を行います。

受診当日に超音波やマンモグラフィーなどの全ての検査を施行することはありません。 

3) 違和感などの症状がある方でも、しばらく検診を受けていない方、検診を受けたことがない方はまず、乳がん検診を受けていただくことをお勧めいたします。 

【乳房痛に関して・・・】

生理前に乳房の張り感、痛みを伴うことがありますが、多くはホルモンの影響によるものです。生理が開始すると共に、症状が軽減するものは心配ありません。生理に関係なく痛みが長期にわたりあるもの、腫れや赤みを伴った痛みなどの場合は受診して下さい。

【線維腺腫と診断されたら・・・】

線維腺腫とは良性の腫瘍です。切除するまでは、消えることはありません。悪性化することはありませんが、年に1回は検診を受けて変化がないことを確認し、他にしこりが出来ていないかチェックすることが大切です。

しこり自体に急に大きくなったなどの変化がでてきた場合は乳腺外来を受診して下さい。変化がなく、年一回程度の検診でよいとされている場合は、乳がん検診をお受けください。

 【ご相談内容から、乳癌検診にあたると判断された場合】

ご相談内容や症状によっては、診療ではなく乳がん検診をお勧めする場合があります。その際、当院の乳がん検診を希望される場合は乳腺ドックを紹介させていただきます。

当院の乳癌検診は、精度を高いものに維持するため、触診、マンモグラフィー、超音波検査を含む三者併用で行っております。マンモグラフィーのみ、あるいは超音波のみでの検診は基本的にお受けしておりません。(但し、豊胸術後などでマンモグラフィーが取れない場合はご相談に応じます。)

【出産後、授乳期のトラブルなどの相談に関して・・・】

母乳の出が悪い、赤ちゃんに吸われて痛いなどは、あくまでも出産された産婦人科などでの対応となります。

当院では母乳相談は行っておりませんのでご了承下さい。

肥満は乳癌のリスクファクター??(2018.11.08更新)

昔から、乳癌のリスクファクターに肥満が指摘されていましたが、どういう仕組みで乳癌になるかはまだ明確にわかっていません。わかっているのは、閉経後の肥満の女性では大量の脂肪組織が、かなり高レベルでエストロゲンと成長因子であるレプチンという物質を分泌して、これが腫瘍の成長促進の原因に結びつき乳癌の発症リスクを上げているということです。
ちなみにレプチンというのは、脂肪細胞から分泌されるホルモンで、脂肪の貯蔵量をコントロールしているといわれています。体にある程度脂肪がたまると、脂肪細胞レプチンを出します。レプチンが血中を流れていって脳にある視床下部というところに作用すると、そこでは食欲を抑えるように信号を出すことになります。

こういう仕組みがきちんと働いていれば肥満にならずにすむのですが・・

過食などでエネルギーが多量に摂取されるとレプチンが大量に出ても脳が反応しなくなるそうです。そうすると、押さえがきかなくなって満腹感が得られず、また食べる・・・そうして肥満が進みます。

女性を女性らしく保ってくれる女性ホルモン・・・エストロゲン・・・脂肪組織からも分泌されることは意外に知られていないかもしれません。エストロゲンの原料がコレステロールであるというのも意外に知られていないかも・・・
さらに男性もエストロゲンが分泌されているとはまたまた意外かもしれませんね。男性はテストステロン(男性ホルモン)を原料に作られているのです。思春期の頃、男性でもおっぱいが大きくなって痛い!などというのは、実はテストステロンがいっぱい出ることで、エストロゲンも作られてしまうからなのです・・・ だからこそ、体の中には適量あってほしいものです。最近になって多々のタンパク質ホルモンが、乳癌の大きさの増大や縮小に関連しているなどの報告があり、それらの関係は今後だんだん解明されていくことと思います。今後の研究に期待したいですね。

年齢とともに次第にやせにくくなったと自覚している人は多いはず・・・閉経をむかえると尚その傾向は強くなっていきます。幸せ太り・・・などという言葉がありますが、高血圧や脂質異常症(高脂血症)をはじめとする生活習慣病や乳癌のリスクと関連しているのであれば、体重の急増を放っておくわけにもいかないようです。

健康な体重を維持してゆくこと・・・様々な病気の予防の観点からは非常に大切です。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME